びゅーてほー✨ Yes, yes, yes!

Hey there.

お久しぶりのニールさん♪

 

Sorry it been for a while, was busy also I am just lazy for internet, hehe

By the way, lovely friend plays super tunes by greatest voice and acoustic!(as usual)

Beauuuuuuuuuuuuutiful!

You are the SUPER!

 

ああ、もう!

やっと、やっと帰ってきた!って感じですよ!

 

 


“Neil Candelora McCartney Medley”
[https://youtu.be/CYMrv13Ik9Y] Channel by ©︎Big Monte
[Youtube]https://www.youtube.com/user/bigmontesplace/

 

ニールさんのシャウトは超一流なんですけど、彼はこの手の歌声もやっぱ本当に素晴らしいなあ。

美しいね、ビューテホーだよ!

生涯飽きる事はない、なんて美しい曲なんだ。 ←ファブマニア。

 

 

ところで、先日、アーカイブのエッセイの中から抜粋したものをアップしました。お気づきの方もいたかもですが。

別サイトで掲載してたやつが結構大量にあるんだけど、整理と抜粋が大変なんで、あっちもこっちも放置・・・

でも、あまりに長くブログを放置しすぎたんで、とりあえず何かUPしとこう、みたいな感じでエッセイ1個UPして誤魔化した感じです。

 

また、そういうズルを時々しますので。

 

 

だって面倒臭いんだもんなー、インターネット。←退化中。

仕事以外でほとんどLaptop開いてなくて。←文明逆走中。

 

 

でも、いきなりエッセイだけアップして終わりも妙なので、とりあえず更新。

改めまして、2ヶ月以上ご無沙汰でございました。お久でございます🙇‍♀️

 

 

ところで、上の動画の、この曲の流れで、思い出したことが。

[流れ:Michelle → Here, There And Everywhere → Blackbird → Yesterday ]

 

 

私、もちろん、ポールマッカートニーの(もちろん本物の)コンサートも、過去に何回か行ったことあります。ステージマニアですから。それにファンですし・・

 

マッカートニーは「生きる伝説」ですからね。

生のポールを見れば彼がいかに天才を超えた天才かわかる。まあ、長くなるから今日は端折るけど。←いつか話す気か。

 

それで、思い出したことっちゅうのはね。

昔ね、親友とポールのコンサートに行った時のことですよ。

会場に入る前に、TV局のインタビュー受けたのよ。

 

んで「ポールの曲(ポール主体のビートルズの曲含む)で、何を聞きたいですか?」って、インタビュアーに聞かれたんです。

 

「やっぱり、Michellと、Blackbirdですね。🤔(キリッ!)」(私)

「Let It Beと、Hey Judeが聞ければ十分です!✨🤩✨」(友人)

 

そして、インタビューを受けた後しばらくして・・・

親友が急に「どんより😩」としたんですよね。

 

「・・・・なんだよぅ!ミッシェルとブラックバードって。かっこいい選曲しやがって!」(友人)

「何?既にアンサーを考えてたわけ?プロっぽいチョイスじゃねえか!こっちは、思わず本音で言っちゃって、まるでただのミーハーみてえじゃん!😤」(友人)

 

「いや、普通にミッシェルが好きだから浮かんだだけで・・・😰(オドオド)」(私)

 

「そっちの答えの方がかっこいいから、絶対TV放送で使われるよ。頭も派手だから目立ってっしさ、ポールの映像と一緒に映るなんて記念だよなっ!😒こっちはミーハーだと思われてボツだよ、もっとひねればよかったよ!」(友人)

 

・・・・とまあ、友人同士の軽いノリの、冗談まじえたケンカをしてたわけです。笑

 

ちなみに、その時、私の頭はほぼアフロに近かったのね。

おそらくインタビューを受けた皆が皆、Let It Beあたりの同じ答えでダブるであろうところ、ミッシェルあたりを出してきた私は、映像で使われるだろう、頭も派手だし画的におもろいし、と。親友の(冷やかし込めた)意見。

 

間に受けた私は「やっぱりぃー!?🤗」なんて言って、局の方に放映日をしっかり聞いてメモったんですね。(笑)

 

そして放送日・・・・✨

 

TV放送で使われてたのは、親友の方(だけ)のインタビューでした。🥲

 

録画までした私(笑)は、思いっきり親友にバカにされて笑われたのでありました。

ちゃんちゃん。😛

 

ちなみに、TV放送でばっちりメインでフォーカスされていたその親友は、上級レベル越えのホンマモンのビートルマニアなので。ビートルズだけでなく、音楽ライブラリーのことで知らないことは無いくらいなので、そもそも、私の師匠なんですよ。

友人に比べたら、私はただのインチキ・ビートルマニアみたいなモンだからね。

 

でもさ、そのインタビュー映像に映ってる友人の笑顔が素晴らしくてさ。目がキランキラン✨✨に輝いてたのよね。

その時に(私はただのハッタリ・ビートルズファンだ)と、気づいたよ。←ハッタリなんかい。

 

いや、ハッタリではないけどね。

 

 

その経緯を知ってる共通の友人たちも、当該TV放映を見て、後日意見を語ってくれたのですが。

やはり親友の堂々とした揺るぎない答えっぷり、ファンが求めている回答を代表で言う姿、幸せの絶頂のような笑顔と目の輝きを見て、他の友人たちも・・

 

「これは・・・なんという素直で真っ直ぐな笑顔と目の輝き✨」

「これはわかるね。」

「見るからに真のファンだね。」

「この画は・・使うね。」

「採用するね。」

「いや、ミッシェルって答えるスカしたアフロより、普通はこっちでしょ。」

「Yokoさん、アナタまだまだね。比較にならないわよ。」← 一体何の争いだよ

 

・・・・・と、みんなから言われました。

私は、親友に比べたらハリボテ以下の偽物だと・・・(←誰もそこまで言ってない)

 

 

と、いうことで。

「ミッシェル」と聞くと、そのTVインタビューを思い出すのさ。

思い出してちょっとププッてなりましたね。

 

 

今だったらどう答えるだろうねぇ。

 

ポール曲で、聴きたい曲は何?って聞かれたら・・

 

 

「When I’m Sixty-Four」かな。←少しメイジャーからズレる人。

 

 

いや、でもなあ・・・

私のテーマソングはPenny Laneだから。←誰がやねん。

やっぱ「Penny Lane」かしら。

 

 

気持ち的には「Here Comes The Sun」が欲しいところかな。←ジョージじゃねえか!

 

While My Guitar Gently Weeps……. ←ジョージだろ

 

じゃあ・・・

「What Is Life」? ←もはやビートルズではなくジョージのソロ。

 

 

 

最後の3曲は、今の気持ちを代弁したのさ、ふっ。

 

 

んじゃ、Let It Beってことで!

 

ニールから始まり、このオチでござんした。

 

ほな!✌️