Too much works, No time..

ただのつぶやき。

ミックス作業って果てしないよね・・・

 

Too much works last many weeks and no time!  then finally got free today.. correction, I won’t to do today:p

But I have to do hard works again from tomorrow:(

It’s Life.

 

ちょっとストレスが溜まったので、その発散にミックス作業やりなおしてたんだけども、それにうっかりハマりすぎてしまい、時間がある時にやろうと思ってたことをやるのを忘れてしまって逆にストレスになった!という悪循環をしてしまったワタクシです。😂

こんな時こそ!と、ファブやレノンを聞いてリラックス中です。笑

 

毎度ながら思うけど、プロの人って、どこでファイナルとして区切ってるんだろうとか思うワ。終わりなき作業でしょ・・

 

私なんかは、仮デモ作るだけだから(ミックスが仕事配分ではないから)別にいいんだけど、それでも、ひと段落しないですもんね。よし!と終わっても、最後にもう一回聞き直そ、と思った瞬間に、また別のところが気になってくるし。

自分で「これで終了!」とさせないと終わらないよね。

 

これが5年前、2年前とか、昔だと気にならなかった部分も、やればやるほどそこそこ進化してくるわけだから、気になる箇所が増えてくるわけで。適当で流せてた部分が流せなくなったりすると、なんか無駄に使わなくていい時間まで使っているような気になる時が増えた。笑

そこそこ適当にやろ〜っと。(←コラコラ)

 

 

プロの仕事でやってる人はやっぱすごいわあ。

スキルだけでなく、見極め能力というか。

 

先日、作業中に通信がピコピコ来るのが鬱陶しいんで、Wi-Fiをオフにしてたんだけども、終わってから更に1日経ってから、ようやくネットが来てないことに気づいたということがあり。

Wi-Fiをオフにしていたことすら忘れていました。😅

 

こうして、ネット後退が日に日に増してゆく。😓

オンオフの切り替え下手すぎ。笑

つくづく現場向きというか、肉体労働派だな〜と思います。

 

 

そんなわけで本日の1曲。

 

 


“WATCHING THE WHEELS. (Ultimate Mix, 2020) – John Lennon (official music video HD)”
[https://youtu.be/uVXR2LYeFBI] ©︎Johnlennon youtube [Youtube]www.youtube.com/channel/UCYU4eunPInnHTNWfGvOgkbg

 

(ちょっと曲調の雰囲気が似ている)イマジンよりも、こちらの方が好きです、個人的には。

レノンの好きな曲の、トップ5に入る!✨

 

だって、歌詞がいいよね。

 

メリーゴーランドに乗るも、ゲームを続けるのも自由だが、それをやることが良い悪いでもなし。側から眺めてる方が楽しいよね。・・と、言う人もいるよね。

でも、それが良い悪いと決めてるのは、常に周囲であって、本人ではない。

 

人間のWell or Notは、本人にしかわからないことなのに、実は人間のWell or Notを決めてる(決めつけてる)のは他人なんだという、レノンらしい心の内側・本音を表現した曲。

大衆的な共感を全く狙ってない世界観なのに大衆的な気持ちを描いている、名曲だと思う。

レノンの5年に渡る主夫時代がなければ書けなかった曲ではないかと思います。(「主夫」をフォーカスではなく、表舞台から離れた時間という意味です。)

 

自分自身(本人)が「良いよ!(I am fine)」と言ってる時は、周囲が、「実は、そうじゃないんじゃない?」「何か不満があるんじゃない?」と、無駄にアドバイスしたり、「探り」を入れたり。あるいは、「良い」という部分に惹かれて寄ってくる人もいるかもしれない。

逆に本人が「あんまり良くないよ(I’m not good)」と言ってる時は、またまた〜!と聞き入れもせず、そのまま走らせ続けたり、あるいは、波のようにさーっと引いて行ったり。

変わらないことを批判される時もあれば、良いとされる時もあり。素に戻ったことを、変わったとされることもある。

でも、それって、周りが決めてること。Noという意見も聞こう、Yesならば尊重しよう、本人が良いなら良いでいいじゃんという、シンプルな事が当たり前でないというのが、社会だったりするわけで・・

 

 

人間本人の調子の良い悪いを決めてるのは赤の他人であり、そしてそれらは歪んでいることもある。

それは実は愉快で滑稽なことであるが、歯車が回っている時にその渦中にいると、それに気づかず居るか、赤の他人の求めるものになろうとする。でも、それもある意味ゲームかもしれないし、必要な時だってあるかもしれないけども。

でも、僕はそこから離れてのんびりと世界を眺めてるのが好きなんだよ(最終結論)という。

そんな感じの曲かな・・個人的な解釈です。

 

小綺麗にまとめましたが、まあ、簡潔に言えば、周囲へ対しての「余計なお世話だ!」みたいな曲ですよ。😅

 

ロックンローラーであり、キングであった時代から持ち合わせていたストレートかつ繊細さのある、レノンらしい、皮肉を絡めながらも人間らしい曲です。

サウンドもメロも切なくて、癒される名曲〜

 

ほな、またね!👋

 

Ciao ciao,