団体名などの名前を決めるとき。英語圏バンドを例に思うコト・・(戯言)

名前って・・・

シンプルな方が得する時が多い気がする。あくまで個人的な意見です。

ファーストネームとかファミリーネームの話しではなく、会社名とか団体名(グループ名)の話し。得というより、周りが楽なだけかな。笑

 

一発で聞き取れる名前の方が覚えやすい。

発音しやすい名前っていうのかな、発音しやすければ、相手も聞きやすいから覚えやすいというわけで。それは英語や他言語に関わらず日本でもおんなじなのかな?どうなんだろうとふと。

 

何回も聞き直す必要があるよりも、相手から一度聞いたり、あるいはメールを読んだりして一発で覚える名前の方が、得といえばトク。

複雑な名前が悪いわけでは、決してないんですよね。複雑だからカッコイイ名前もあるので。

 

私の個人的な意見というか戯言なので、ご愛嬌にて。すみません。

 

「覚えやすい」をモットーに考えるなら、日本語だったらローマ字(横文字)にした際に英語圏でも読みやすいものとか、子供でも読めそうなシンプルな英単語にするとか・・

多言語使うとしても一般的に馴染みがあるようなワード(例えばAMORE・アモーレとかなら何となく誰でもわかるし)なら、言語が違う人が見て・聞いても推測しやすいし。

・・などが、いいんじゃない?と友達にアドバイスしたいけど、ま、そりゃ余計なお世話なんだろうナ。

みんな思い入れがあるワードを使うわけだから、個人の自由です。

 

 

でも、ふとこんなことを思ったのは・・・

実は、今やりとりしている友達のスタジオ名が、読めない・わからない・・という難易度高いものでして。(涙)

なんて読むの?と聞いても、英語圏の方じゃないので文面で伝えてもこちらの意図が伝わらず。

そもそも読み方だからサ、文章じゃ結局のところはアクセントもわからんし・・と思って話しながら聞くも、訛りが強すぎて聞き取れず、正解の読み方がイマイチわからない。💦

 

でも、名称って大事でしょう?

失礼にあたるので間違うわけにもいかず、未だ手探り状態で、こちらからは名称を相手に向かって発音できず(笑)お茶を濁しながら会話してる状態です。

 

困ったことに、英語圏ではない言語のワードと、お気に入りアルファベットを組み合わせて、独特の読み方があるようです。創作語みたいな感じでした・・

それは、読み仮名打ってもらわんと困るわナ。

しかし、同じ言語じゃない以上、読み仮名の説明はけっこうハードル高いですぞ。😅

 

そんなことがあったもので、名前って、ひねりがありすぎて、確認するまでは「こ・・この読み方でいいのかな?汗」と、ドキドキみたいなことが多いよなあと。

 

おそらくですが、英語圏の人って世界共通語を使っているというラッキーな環境ゆえか、なんかめっちゃシンプルな単語を使ってる人が多い気がするんですよね。逆に。

同じ英単語を使うとしても、英語圏以外の人の方が、ぱっと見ではわかりにくい単語をわざわざ使ってるような気がするんですが。母国語から意味を考えているせいもあるのかな。

 

例えばバンドなどの団体名を例にするとさ・・

The Beatlesとか、The Rolling Stonesとか。

The Whoとか(ザ・フーって改めて読むとすごい名前ですよね😅)、The Doors、Black Sabbathとか・・

別に英語が喋れなくっても覚えられる(読める)ような超シンプルな気がする。60〜70年代のバンド例がいつも多くてごめんね。好みなもので。

 

Facesも、スーパーシンプルなワードのバンド名ですが、ロッドが加入して身長が高くなった(平均身長が高くなった?)ので、前身のバンド名である「Small Faces」からSmallを取っただけ、というなんともシンプルな発想で・・

これらの名前って、仮に英語の発音が悪かろうが英語圏の人に通じますからね。さらにスペルが簡単ならばスーパーありがたい感じ。

シンプルイズザベスト。

 

ああもう、好きなバンドばっかりを例に・・😓

 

もっと凄いと思うのは・・

私はfunkがごっつ好きなんですけども、(私の中で勝手に3大ファンクマスターとしている)ジェイムズブラウン、スライ、P-Funk。・・・ピーファンクって。

ジョージクリントン総帥が率いる、パーラメントとファンカデリック、それぞれを合わせ総称してP-Funkと人々は呼称していたわけですけども、なんのひねりもない総称なのに、なんかスゴイ。

バンド個体でファンカデリックやらパーラメントもシンプルだが、総称してもわかりやすっ!

そっちの例で言えば、メタリカもですね・・

一発で覚えやすいどころか、音楽の方向性までわかってしまうという。

 

余談なんだけど、P-Funkって原点はバスキングから始まってるんですよ。

ほい、余談。(←長くなるから止めた)

 

自分が好きな名前が一番だから、凝った名前や難しい名前でも全く問題はなくMy Bestにするべきなんですが、「すぐ覚えられるので得をする」という意味では、一発で読める・聞き取れる・伝えることができる、この3点セット揃った名前が楽なのかもと。

いや・・言葉の意味や認知度なんて実際はどうでも良い。ビートルズだって創作語みたいなものだし。でも、発音しやすいっていうのだけはトクトクポイントだよね。

 

イギリスにWasabiやWagamamaなんて名称の日本食料理店もあるけど、もし仮に「わさび」のことを知らない人がいたとしても、我儘の意味を知らなくっても、日本人意外にも普通に発音できるし覚えやすいわけですから・・

 

一時期、バスキング中にイギリス人や日本人以外の観光客からPerfumeさんの曲をリクエストされまくってた時期があったんですけど、日本文化好きの外国人に、音楽やルックスが受け入れられたという理由は当然として、名前がこれまた素晴らしいですよね。

とても世界向きの名前だと思いました。私もイギリス友人から教えてもらったのが最初でしたが、一発で覚えたもん。

 

アルファベットの頭文字だけの言葉の場合も、ちょっと難易度高い。

たとえばUFOとして、ユーフォーと読む人とユーエフオーと読む人がいる。はて、どちらが正解か?というような感じ。

日本はアルファベット頭文字の略字文化がすごいので、多分みんな慣れているのだと思うんだけど、最初は「どっち読みか?」と思ってる人が多少なりともいるのではないかな。

 

思い当たる限り、イギリス人でアルファベット読みをするケースって、ケンタッキーフライドチキンをKFC(ケーエフシー)と呼ぶくらいなような。SNSとも言わないし。(ソーシャルメディアと皆さん言います)

でも、日本で市民権を得ているアルファベット「そのまま読み」だから、そちらで呼称する方が、もしかしたら自然なのかもね!

 

今でこそ、ソーシャルメディア系の凄まじい普及によりプラットフォームを誰もが駆使したり、ネット中心の社会となったことで「向こうから勝手に情報が飛び込んでくる」のがインターネットの利便性として当たり前になったので(利便かどうか微妙ですが)、私も謎の省略言葉を目にしてはググり、率直に日本の友達に聞いたりなどをしながらだいぶ省略形を覚えました。👍

 

しかし、最初は「FB送ったのでよろしく」と言われて、なんのこっちゃわからんかったもん。アルファベットではないが「トリセツ」もわからなかったですよ。嘘みたいですがホントです。

トリセツあたりの言葉になると、もはや普通の言葉として存在してるのでわからない方がおかしいかもですが。申し訳ありません。(笑)

 

しかし、メールのやり取りが中心かつ、企業や個人のWebsiteとブログがインターネットの中心だった10年前くらいまでは、「自分から情報を探しに行くのがインターネット」だったわけです。

その国の文化の中で生活してない限りはわからない言葉がいっぱいありました。💦

 

そういや最近って、Websiteは無くてソーシャルメディアだけをWebsiteがわりで運営してるところもあるよね。

SNS影響力の凄さがわかる話し。でも、プラットフォームって最新情報しか目に入らなくて基本情報やキャリアがわかりにくいから、Websiteないかなーと思う時が結構ある。

 

プラットフォーム系も、最初はブログから普及が始まり日本じゃmixiなんてのもあったけど、ヨーロッパではmy spaceが超重要ツールだった。

確かにその頃も、それらを窓口っぽくしてる人もいたような気はする。

 

my spaceの前身系、わかる方いるかな。初期のmy spaceは、誰もがHtmlコードを自分で埋め込んでオリジナルカラーやデザインをカスタムしてたんだよね。

あれ好きだったんだけどなあ。写真も基本は超ミニサイズ1枚だけ、シンプルプレイヤーのみ。写真をデカく載せたいなら勝手にカスタマイズしろと。ページ開いた瞬間、相手のカスタマイズで一発で個性がわかる感じだった。

昔は昔で、すんごい多様性アピールの場はあったと思う。(笑)

 

facebookはイギリスにはかなり昔からあったんだけど、my spaceの延長でついでに登録してる人が当時は多かったような。

今みたいに自分の事をアップするのではなく、基本は放置で、時に相手のフィードにメッセージを送るような使い方。いまだに(一般の)イギリス人でfacebook放置の人が結構多いのは、単純にその頃から変わってないだけのような。

 

ブログも、スキンの着せ替えやオリジナルカスタムで楽しんでた人が多かったですよね。

運営会社も多かったから、スキンのバリエーションやフォーマットのスタイルを比較して、どのプラットフォームにしようか決めてた感じ。一言にSNSといえども、色とりどりの自由自在な選択だったんだなあと、改めて思うね。

 

今は、どれを見てもプラットフォームは同じなので、ベースの選択肢は少ない。

ただ、その主張っていうところの出し方が変わったんだろうね。

個性の主張は、写真や動画のメディアで!ということなのでしょうね!

 

 

ヨーロッパのスタジオ話しから話題がズレちゃいましたが、そんなこんなで、当該名の正式発音が未だ不明なまま、友人とやりとりしている私でありました。

 

あくまで、そういった意見もありましたよ、ということで。失礼しました。

 

日本語名称を作る時に、ビジネスならもちろん商標に引っかからないか調べるのが最初なんだろうけど、日本語をアルファベットに変換した時の発音を少し考えてもいいかも。発音しやすい=日本国外で覚えてもらえやすいという利点もあるから。

パスポート上の規定の「ヘボン式ローマ字」に基準を合わせた上で、さらに外国の方も発音しやすいワードを選ぶとベターだと思います。

その逆で「なんだ?なんて読むの!」というインパクトを狙うのも、アリなんですけどね。今日のお題はなんだったんだ!という話しになりますが。😅

 

 

ファーストネームやファミリーネーム=本名は全く別の話し。

英語圏とか英語圏外の人の名前、特にファミリーネームは聞かないとわからない発音も結構あるけど、難しくて困るなあとは思わないし。

日本人の名前も、漢字がどんなに易しくとも、読み方だけは本人に聞かない限り正解とは言えないから、しっかり確認して呼びかけないと、間違えたら失礼に当たりますもんね。

先祖代々の由緒あるものだから大事なものだし、ファーストネームに関しても、やはり親御さんの思いあってつけられたものですもん!

 

ペンネームやアーティストネーム、芸名に至っては、本人や周りの携わる人が良しとすれば全部良しではないでしょうか。

 

それでも、一発で読める名前の方が覚えやすさ面では得してる(周りが楽?笑)かも。

 

そんな私も、人のことは言えないのです。めんどくさい名前でもあるから。

Hallelujahの部分に関しては、ヨーロッパ仲間からはよく端折られるんだわー

英語圏の人にとっては覚えやすいワードでウェルカムだったんですが、英語圏外ではそうではないみたい。

 

スペルが面倒くさいんだろうと思うんですよね、多分。(笑)

 

 

じゃあ、またね!