Pray from The Underground

 

◆英国公式募金活動のお知らせ◆

tfl (Transport for London)
DEC(The Disasters Emergency Committee)
British Red Cross
の、三団体より全面的なサポートを受け、
英国公認の東日本大震災へ向けた募金活動を
地下鉄駅構内にて行います。

地下鉄構内での募金活動に関しては
許可がおりるのは、大変難しく
1年以上前からの申請/協議の元、国から許可がおります。
当初話しをもちかけたところ、
先々の契約が決まっているため、ほぼ不可能との返答でした。

ですが、なんとかこの非常時に
少しでも協力してもらえないかと、
tflのボスに呼びかけたところ、数日の協議の上、
無事、許可を得る事ができました。

このように、緊急に決定する事が異例である以外にも、
日本人の個人に対し、構内での募金活動を許可した事は
過去に例がなく、今回がはじめてとの事です。

皆さんご存知のUnderground(Transport for London)
をはじめとする、
英国の企業、団体、他
英国人皆が、今回の惨事に心を痛めており、
彼らの想いが、国のルールを動かし、
英国人代表としても、少しでも協力したいとの事で
活動する運びとなりました。

取り急ぎ、地下鉄構内での募金活動にあたっては
向こう1年、活動団体がすでに決められているため
その予定の中の、わずかな空き日程に入り込んでの活動ということで
あまり多くは活動できません。

ですが、地下鉄に関わる人間の一人として、
私にできる部分で何か協力ができたら、と思った次第です。

今回、協議にかけてくださったり、
様々な部分での許可を取るために時間を割いてくれたり
英国人の通行人に呼びかけた内容の
国認可の公式ポスターを制作するにあたっての指揮を取ってくれた、
tfl本部のボス、Robert Varneyに本当に感謝致します。

そして、英国の皆さん、有り難うございます。

つきまして、
24日木曜・ロンドンブリッジ駅、
28日月曜・ウォータールー駅にて
終日募金活動を行います。
(朝7時~終日許可済)

もし、お手伝い頂ける方がいらっしゃいましたら
参加できる駅、時間帯を明記の上、メールフォームより、ご一報頂けたらと思います。
*駅構内でのルールにより、 活動人数の規制がありますので、 最小限の人数での募金活動となります。

管理関係が厳しい場所のため
認可が難しく、急な日程になりますが
短時間でも御協力頂ける方がいらっしゃいましたら
是非とも宜しくお願い致します。

英国でのパブリックでの募金活動は、国への申請・協議のうえで公式な許可が必要であり、英国赤十字(BritishRedCross)のサポートが必要不可欠となります。国の認可のあとにも、英国赤十字より活動目的調査の他に、活動申請団体(者)の精査(今回のケースは当方個人)が厳しく行われ、正しい救済活動と判断された場合のみ募金活動が認められます。(不正/不審な活動や個人の”自由集金活動”を防ぐため) 活動当日は、英国赤十字より支給された公式ユニフォーム(目的や場所に合わせた仕様)の着用ほか、公式バケット(募金箱)以外の使用はできません英国内で行うボランティア活動には、募金箱等に公式団体のマークが記されている事が必須となっておりますので、ご留意ください。
今回の活動概要及び、皆様のご協力によって集められた募金は、地下鉄募金活動記録として国に残され、全額、British Red Crossを通して日本の被災地へ送られます。

Yoko Hallelujah | ヨーコハレルヤ(ハレルヤ洋子)

*このページ文章は、英国での公式募金活動の記録として、また、当時活動に御協力頂いた皆さまへの感謝の記録として、Yoko Hallelujah 旧ブログ「姐さんの戯言」2011年3月公開のページ当初の掲載内容を移転し、こちらに掲載しております。