今年のネガティブ面とポジティブ面をちと振り返る。

どもども!親ビンです。

 

「1~2日音信不通になりますー!」と、言いながら(前回のブログ)、1~2ヶ月音信不通になってしまったヤロウです。(ヤロウではないけど)

 

各種ブログを放置状態にしておりましたが、ソーシャル面(仕事とか)のメールやTextやり取りは健在でござました。

むしろ、そっちのやり取りがいつも以上に多かったのと、ちょっと10月〜12月は慌ただしく。通常メールやり取りと多忙な時期が重なってしまい、遊び場(ブログ)をスルーしてしまった・・・

 

取り急ぎ呟く。

 

どうなっちゃってんだい、今の世界は。

 

はあ・・・・(溜息)

 

コメントしたいこと山ほどあるけどコメント差し控え。

 

さて。

コメントしたい山ほどのことは忘れて・・・

 

差し障りない事だけ(つまり自分に関わる事だけで)2020年を振り返ってみる。少し早いけど。

 

あ、ちょっと待って。とりあえず。

 

Happy Christmas folks!🎉🎄🍷

 

・・・・・・・コホン。💦

 

じゃ。改めて。

 

まずは、ネガティブな事から。

この一年を振り返ると・・・・

 

  1. 悲しい事やしんどい事が山ほど。まとめて来んなよ!(涙)という感じ。
  2. ストップしている事が山ほど。仕事やその他のプランとか。進めない〜
  3. 失った?というか、冷静に見直された交友関係。
  4. 遊んでない!(笑)
  5. なんだかよく分からないまま時間を失った感じ。

 

かなりざっくり言うとこんな感じになるけど、多分、皆さんも同じだよね。😅

 

結論から言うと、2020年は皆同じ状況だったのだから、苦しいけど皆で前を向くしかない!と・・・

綺麗事ではありますけど、そうしたいですよね。

 

で、この中の③についてなんだけど、これはちょっと興味深かった。自分でも。

・・・と、言うのもね。

 

皆さんも体感してる通り、このCOVID19によって、人の根っこの考え方みたいなのが浮き彫りになりましたよね。

前向きなのか、後ろ向きなのか、神経質なのか大雑把なのか、未来をみるか過去をみるか、自分だけを考えるか相手の事を考えるか、文句を言うか、慈悲深いか・・・などなどなどなど。

 

身動き取れないとか窮地に立たされることで、所謂、本音みたいなものが隠しきれないようになったわけよね・・・

 

これは、ネガティブな事としてあげたけど、多分、ポジティブなことなのかな?とも思えます。

 

なぜなら、すっきり削ぎ落とされたものがありますから。

 

私が感謝するのは、友人がめちゃめちゃ前向きな人が多かったんですよね。

それの影響がすごく大きかった。

 

予防とかそういう部分には、過敏になることばかりだったけど(笑)、でもマインドがかなりポジティヴに保てた方だと思います。

多分、周囲のおかげだと思う。

 

楽器や料理など、新たな特技をマスターした人とか、新しい分野に挑戦してる人とか、そうしようと努力している人とか、この時期、どうやって家の中で楽しく過ごすか前向きに考えてる人とか・・

職種的に窮地に追い込まれている仕事をやってる友人も「絶対に盛り返していけると思う!」とか、「次はこういう作戦でやるつもり」と、前しか見てないんだよ。心情はかなり不安もあると思うんだけど、絶対、口に出したり様子に出したりしないの。

それってすごいパワーだと思うんですよね、自分自身に対してだけじゃなく、周りに対しても。

いつ話しても笑ってばかりの友人たち・・

そういう話しばっかり聞いてると、やっぱり自分も同じような気持ちになれますからね!

 

本来は今年の事態を考えると、どの面を切り取っても、前向きに笑える要素は何ひとつ無いのが事実だけど、でも、捉え方ですよね。9の苦しみの中に僅かにある1の希望に対しての捉え方がネガティブかポジティブかで、時間の過ごし方が有意義になるかならないか、決まる。

 

この時期こそ何かをやろう!なんて思う人は多いと思うんですよ。

でも、現実的に本当にそれどころじゃないという場合もあるし、これまで以上に多忙になり過ぎて逆に身体が心配になる友人もいるし、ポジティブに新しい事を始めから良いというわけでは、もちろんないです。

それでも、ポジティブな話しを身近で聞けることが多かったということは、感謝すべき一番の事かなと思います。

 

実際、自分も死活問題でそれどころではなかったのだけど・・・😅

でも、おかげでポジティブ維持できましたから!それも友人のおかげです。

 

とはいえ、自分が何かマスターしたかといえば・・マスターしてないかも。(汗)

ですが「今年はこれをやるぞ!」と、今年早々にメモったことは、なんとか全て実現する事ができました。😅

全部小さいことだけどさっ。💦

 

唯一出来てないことは、相手ありきの事ですが。これは仕方ないよね、世界がこの事態ですから。

 

でも、こんなに何も出来ないような1年ながらも、すごく沢山の掛け替えのない素敵な思い出も、数え切れないほど作る事ができました。

幸せに無事に過ごさせて頂いたと感謝するばかりです。

 

(おわり)

 

・・・・・・・・ん?

 

終わってもーたやん!みたいな。

はい、結論としては。上で終わりなんですが。

 

ちょっとネガティブほじくります。

 

残念だったと思うのが、やっぱり失ったもの。仕事ではなくって、人ですかね。

失った仕事と金は辛いですぞよ!しかし、それはまた取り返せるので。

 

何よりも「人」。思わぬコミュニケーション障害。

というのも、交友関係の中にはネガティブから抜け出せない人も少しいました・・・

すごく分かるし、壮絶な時期ですから、皆ネガティブにもなりますよね、そんなの当たり前です。

 

しかし・・

 

もう、COVID19を「中心に」振り回されてしまって辛辣になってる人もいるわけですよね。

誤解のないように言うと、自分もCOVID19に振り回されています。それも皆、同じです。

今の時代、皆がそれを中心に振り回されているけど、それでも「ここは踏ん張って気丈にしていなければ」と言う場面は、あると思うのです。

 

しかし、そう言った部分の気持ちがつい緩んでしまうのが、身近な人の前。

家族や恋人、親しい友人など。

人によっては、自分と全く関わりのない赤の他人の前だけ、かも、しれません。

 

その度を越してしまわないようにするのが、難しいんですよね・・

 

しかし。

動けないのが辛い、移動できないのが辛い、会いたい人に会えないのが辛い、仕事の予定が変わったのが辛い、予定してた契約が早めに終わったのが辛い、予想外の出来事が起こって辛い・・

そう言った、私たちの直面している問題に対して、悲観的に思っている気持ちをあまりにも周囲に出し過ぎてしまうと、周囲もどうして良いのかわからなくなってくる。

そして、その話しばっかりしてると、やっぱり希望が薄れてきますよね・・

 

だけど相手の本当の事情は誰にもわからない事じゃないですか。

声を掛ける事自体(メールなどでね)が相手にとって負担になってる場合もあるやもしれず、そうすると、あまり様子を窺うような言葉は遠慮すべきかもしれませんし。なんて思ったりして、収束するまでしばらく連絡するのはやめとこう・・・なんて思ってるうちに時間だけが経った、みたいな。

 

この時期にやり取りが再開した仲もあれば、やり取りを遠慮しがちになった関係も、やっぱりあるわけです。😢

あるいは、普通にどこかで自然に会う仲なら付き合いも多かったけど、インターネット経由ではそこまで交流もないとかね。😅

 

本来は続けたい関係なのに、なぜか、コロナが理由でおかしな?バランスになってしまった交友関係もあるような気がしますね。

 

不思議ですよね。多分、コロナがなければ続いてるんですよ。精神が安定してますからね。

 

人間関係は相手あってだから、仕方がない。

 

私も、友人との仕事約束ではどうして良いのかわからない時がありました。

仕事の約束が、コロナで延期になったりキャンセルになるのはいいんですが、そうではなくって、有無の連絡なく、「どうなってるのかわからない~」というような状態で、音信不通になった友人がいまして。

もしかして大変なことになってないかな、と心配したり。

 

で、ようやくレス来たか・・と思えば自身の仕事がうまくいかないと言う愚痴でした。(笑)

 

様子を見る限りは、やはりCOVID19の影響で、かなり過敏に辛辣になっているのは明らかでした。

なので、仕事は結局どうするのかという部分も、その人に私も友人も突っ込めないんです。相手には繊細なことかもしれませんから。

 

でも・・・お願いっ!🙏

理由は不要なので、約束事に対しては、どうするかだけでも安否だけでも連絡はくださいっ!

と、いうのが本音でした。😅

 

 

逆に、この1年で、密になった友人関係も沢山あります。

時間があるおかげで復活した人間関係も多し。これもすごく嬉しかった。

みんなポジティヴなおかげで、楽しい明日を考える時間も増えています。

 

ヤバイ!みたいな状況に立たされた時に、多分、何が大事かが見えるもので・・・

そう言った意味でも、友人との関係や距離感、新たな人間関係が、この時期に新たに構築されたのではと思っています。

 

なので、2020年ポジティブ面を!

 

この一年を振り返ります。結論!

 

  1. 時間を持つことで、穏やかに過ごす事や心の余裕ができた。
  2. 新しい分野・仕事に挑戦することができた。
  3. 新しい人間関係、より深い人間関係が構築された。
  4. 近い将来、やりたい事、行きたい所、会いたい人などが増えて夢が沢山!
  5. 冷静に物事を考える頭や、冷静に世界を見る目が培えた(かもしれない)。

 

こんな感じですね!

 

と、いうか、無理やり前向きに締め括りましたよ!😆(←無理やり言うな)

 

皆様はいかがでしょう。

 

暗い世の中で本当にしんどい日々ですが、希望を持って・・・でも、もしもそれが難しくてHopelessだとしても、無理やりでも笑顔になる時間を持ちたいですよね。

 

こんな事言うと、ぶー!かもしれませんが・・

あれだと思いますよ。個人的には・・あの言葉かなあ、と思います。

 

今や英国お土産モノの定番に留まらず、他国でのコラボ土産も多い、あの言葉。あの、イギリス政府が大戦に備えて国民に投げかけた、有名な言葉です。

 

Keep calm and carry on

”落ち着きなさい、そして続けなさい”

 

スーパーシンプル訳ですが、要するに・・

「人々よ、落ち着きなさい(冷静になりなさい)、そして普通に過ごしなさい(やり続けなさい)」

と、言うことです。

もはや説明の必要もないほどの、有名なキャッチですよね。

 

はい。実際は冷静になんかなれないような惨事ですけどね・・・

気持ちの持ち方としては、必要かなと思います。

 

色々な場面で雁字搦めになり、皆が仕事でも生活でも自由に動けない状況。

経済などの深刻な重い事態だけじゃなく、身近な面だけで考えても普通ではありません。

 

でも、規制やルール、新しい生活方式のマナーなど、これらを守ると言う事は、相手のためです。

法律や組織の規則、学校の規則と同じ。それらは、その国やその場所で過ごすために最低限守らねばならない事ですが、それはシンプルに考えると、自分のためではなく、その場所で暮らす周りのため。共存していくための義務という事で・・・

周りのためが、自分のためでもあると言うことです。

 

個人的に思うのが、間違ってはいけないのは「自分はこうだから!自分のために!」と、自分が常に先にくると(それも人生において正しいと言うのは前提ではあるんだけど)、周りの人たちの様々な事情や様々な考えに苦しめられてしまいます。と、思います。

よくよく考えても、会社や学校の規則なんて、校風、社風に合わせ皆が共存するための基準であり、法律はその国、その国で人々が共存するために絶対必要な事ですから、それらは自分を縛り付けるための箍ではなく、共存のために必要な箍。

 

今の時代の様々な規制やルールも、同じく共存のため。

自分が縛られているわけではない。相手のために自分が守ることが増えたと言うこと。

 

では、「自分」は、何をするかというと。

冷静に、落ち着いて、そして出来る限り普通に過ごす事だと思います。(念のため追記すると、普通に出かけろ、と言ってるわけではありませんので!)

仕事や生活、ソーシャル面では、それが普通に出来ない事が多いです。それでも、できる限り気持ちを普通に過ごす事が一番であり、決して「自分」が振り回される事があってはならないと思います。

相手のために今、私たちは様々なルールを守っている。だから、実際のところは、私たちは振り回されてはいません。

全ては、誰かのため。皆が、意義のある生活を送っています。

 

・・・なんて、頑張って自分に向けて言うてみたよ。(←自分にかい)

 

もし今、ご飯が食べれていて、生活に支障のない睡眠を取れていて、そして少しでも笑顔を持つ時間があるなら。もし今は笑顔になれなくても、何かを大切に思う心が少しでもあるのなら。

それは生きていると言う事です。

 

生きていれば希望はあります。

 

月並みな言葉で締めて申し訳ありませんが・・・

頑張りましょう!

 

Hope you are having a lovely Christmas, guys!

Ciao,